JanGaJan.com

Is fun? JOY!

Sublime Text 3でEvernoteを使う

Sublime Text 3 を Evernoteのクライアントにする方法です。 以前にも試したのですが、使いやすいPackageがなかったので、見つかって嬉しい。

evernoteのアカウントを持っていることが前提です。

必要なPackage

Evernote

初期設定

Token生成

Command PaletteからEvernote Settings:Reconfigure Authorizationを選択。
ブラウザが起動して、EvernoteのDeveloper Tokensページが開くので、Tokenを作る。
生成したDeveloper TokenNoteStore URLを設定ファイルに書き込む。

Evernote設定ファイル作成

Command PaletteからEvernote Settings: Userを選択。

Evernote.sublime-settings
1
2
3
4
{
    "noteStoreUrl": "生成したNoteStore URL",
    "token": "生成したDeveloper Token"
}

以上でSublime Textでの設定は完了。

新規メモ作成

  1. 新規ノートを作成 Command PaletteからEvernote: New empty noteを選択。
    titlenotebooktagsを入力。 このままでは保存されません。
  2. ノートを保存 Command PaletteからEvernote:Send to Evernote as new noteを選択。
    これでevernoteに保存されます。 たまに、tokenを聞かれることがありますので、その時は、上のtokenを入力する必要があります。

ノートを探す

とりわけ使いやすそうだったもの。 Command Paletteから入力します。

  • Evernote:Open Evernote Note
    • notebook > titleから使いたいノートを検索
  • Evernote:List recent notes
    • 最近使ったノートを表示

Comments