JanGaJan.com

Is fun? JOY!

Hubotでデータを保存する

hubotでデータを永続的に保存するためにはredisとの連携が必要です。

使い方

redisとセットで使うので、redisを起動しておくことを忘れずに。
herokuで使いたい場合は、addonが必要になります。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
module.exports = (robot) ->
  robot.hear /janga/i, (msg) ->

  # データ取得
  jangajan = robot.brain.get('janga')

  # データ更新
  robot.brain.set('janga', jangajan)

  # データ保存 - redis起動してないと保存できない
  robot.brain.save()

  # データの保存場所
  console.log robot.brain['data']
  # => { users: { '1': { id: '1', name: 'Shell', room: 'Shell' } },
  #     _private: { janga: [ [Object] ] } }

実際には_privateというキーの値として保存されています。
あまりよくはないけれど、robot.brain['data']['_pravate']['janga']で取得することもできます。

Comments